肝機能障害を改善させる方法|サプリ利用で肝臓ハツラツ

重要な臓器

様々な肝臓病で肝機能障害がおこります。

pill

肝臓には多くの重要な働きがあります。蛋白質・脂肪および炭水化物の代謝に関与し、食べ物の消化に重要な胆汁を作ります。また肝臓にはアルコールや薬物などの有害物質を解毒する働きもあります。主要なアミノ酸であるアルブミンや出血したときに血液を固める蛋白質も生産します。肝臓を構成している細胞には、免疫に重要な働きをしている細胞もあります。 肝臓の病気にはウイルス・アルコールの摂りすぎや病気で服用する薬や化学物質でおこる肝炎・胆汁の流れが悪くなる胆石症・脂肪が溜まる脂肪肝・肝臓が硬くなる肝硬変・肝臓や胆管からできたり他の臓器から転移したがん、そしてこれらの末期状態である肝不全があります。これらの病気で肝臓の働きが低下する肝機能障害がおこります。

治療にはバランスのとれた食事が大事です。

肝機能障害がある患者さんでは蛋白質の不足が脂肪肝につながるため、適量の蛋白質を摂る必要があります。ただし肝硬変の重症例では蛋白質を効率良く処理できず血中にアンモニアが貯まるため、蛋白質制限が必要です。脂肪は魚油や植物油を中心にして、炭水化物もそれぞれ適量摂ります。ただし脂肪を処理する肝機能の障害である脂肪肝では、脂肪や炭水化物を少なくする必要があります。 ビタミンEなどに含まれる肝機能障害を回復させる抗酸化物質や肝臓の代謝や解毒を助けるビタミンB群や食物繊維を多く含む豆類や野菜などを充分食べることが大事です。ミネラルも必要量摂るようにしますが、鉄分は慢性肝炎を悪化させるので制限します。アルコール性脂肪肝では禁酒が、他の肝機能障害でも節酒が必須です。